スーツにリュックというとカジュアルな印象も少なからずありそうです。しかし様々な仕事のスタイルや、仕事への取り組み方、仕事内容や環境、個々の考え方と価値観などが多様な以上、スーツにリュックがどうとか、リュックはカジュアル過ぎるとか、ブリーフケースじゃないと、とかの議論は進化し続け変革し続ける現代において今やあまり意味のない事かもしれません。日常的なスーツ姿や満員電車での通勤、クライアントとの打ち合わせの多い業務を考えた時にも、スーツを着る着ないに関係なく、パソコンやデジタルツールや書類を背負って移動する事は両手が空いて、楽で機能的な事に間違いはないと思います。同じリュックでもポケットがいっぱい付いているタイプは一見便利そうに見えますが、スーツや仕事に似合うかという視点で見ると少し疑問も残ります。デザイナーとして感じる事は、外見はあくまでもシンプルな方がスーツには良く似合います。そしてスーツを着る業種もスーツを着ない業種においてもシンプルなデザインの方が仕事も出来る印象があるという事です。更に仕事で使う以上機能的でなくてはいけないとも感じています。私は自分に合ったワーキングスタイルで更に良い仕事に取り組みたいと考えています。このリュックは手提げタイプのブリーフケースにする事もできます。横型で持つと完全にブリーフケースに変身します。どうしてもリュックが…。と感じる時はこれも有りです。具体的な機能や仕様はページ内でかなり詳しく説明していますので、じっくり見て頂ければと思います。そして大いに仕事に役立てて欲しいと願っています。このリュックが仕事の基地であり、大切な引き出しであり、手放せない相棒に育ってくれる事を願っています。
それはシンプルでどんなスーツや
スタイルにも似合うビジネスリュック、
そして仕事の基地であり、手放せない相棒のような存在であり
機能的にデジタルとアナログを収納する格納庫であって欲しい
ビジネスシーンで使うリュックは
しっかりした造りとシンプルなデザインそして高機能で選びたい
大人が使ってかっこいい
大人のワーキングベース
<スリム/ワイド/Wワイド>
<画像はスリムタイプを使用>
サイズバリエーションは3種類
<スリムタイプ>襠150mm、薄型で通勤や資料少なめの打合せなどが中心の方に。
<ワイドサイズ>メイン収納部の襠180mm、標準タイプで通勤や比較的荷物、
資料が多目の方に。
<Wワイドサイズ>メイン収納部の襠180mmに加え、
縦410mm横300mmと用量が大きいので
一泊出張などでもOKです。
デザインバリエーション
<画像はスリムタイプを使用>
<画像はワイドタイプを使用>
<画像はスリムタイプを使用>
<画像はスリムタイプを使用>
<画像はスリムタイプを使用>
<画像はスリムタイプを使用>
<画像はスリムタイプを使用>
<画像はスリムタイプを使用>
機能的な背面ポケット
バッグの裏側の下には2個の分離したポケットがあります。
このポケットの主な使用目的はバッグを手提げにした時のショルダーベルトの収納です。
このポケットにショルダーベルトの先端を差し込んでおく事で
地面に置いた時、ショルダーやベルトが直接の地面と接触する事を防止します。
直接の地面に付くのは嫌なものですから。
<画像はスリムタイプを使用>
<ショルダーベルトを収納した状態>
<画像はスリムタイプを使用>
<ポケットして使う時の一時的な収納>
一時的にスマートフォンやメモなどを入れておくのにも便利です。
<画像はスリムタイプを使用>
タクティカル機能付きショルダー
ショルダーベルトには、あれば非常に便利なタクティカル機能が装備されています。
スマートフォンやデジカメ、キーや小物、カードなどよく使う物を入れる
ケースなどを取り付けることが可能です。
日常で頻繁に使う物は極力体に近い方が使い易いので
ケースをお持ちの場合は取付けてみてください。
相当機能的で便利になると思います。
<画像はスリムタイプを使用>
裏面がこのタイプの商品は比較的簡単に取り付けられます。
付属のバンナイズ紐2本とストッ
パー4個。

ショルダーベルトのタクティカル
部分に紐を横向きに巻いてループ
を作ります。
横向きのループ部分に取り付ける
ケース背面の縦向きのベルトを通し
て固定し、ケースの取り付ける高さ
を決めます。

画像のようにケース背面にある
ループ部分に紐とストッパーを取
り付てショルダーを挟み込むと取
り付けるケースの下部の振らつき
を防止することができます。
<画像はスリムタイプを使用>
<説明画像はすべてスリムタイプを使用しています>
<画像はスリムタイプを使用>
徳島店/Tokushima
渋谷店/Shibuya