仕切られた名刺ケースは限られたスペースの中で必要な名刺を分ける事ができて非常に便利です。そして、仕切られた収納スペースを自由に変える事が出来るともっと便利で機能的になると思います。この名刺ケースは仕切をフリーにする事で自由に収納スペースの大きさを変えられるようにしました。片方の収納部には自分の名刺を、もう片方の収納部には交換した名刺を、しかもそのスペースは無理がなく、いつも容量にあわせて可変します。このタイプは名刺の収納量が多いのも特徴です。使い方によって収納量を選べるよう厚さの違う2アイテムを準備しました。標準サイズでは名刺約40枚、カード約10枚・ワイドサイズで名刺約80枚、カード約20枚の収納力があります。名刺ケースや名刺の出し方などは第一印象を左右し、自分を印象付ける重要なツールです。様々なシーンでスマートにカッコ良く使いこなしたいと思います。

ビンテージオイルレザー
革にオイルを染み込ませ、しわのある所はそのしわの感じを失わず、 シボのある所はそのシボの感じを損わないよう、丁寧に自然な革の 風合いや表情を残す加工を施しています。長く使う事で刻みこまれるキズやヨゴレを特殊加工により少し再現し、ビンテージ感を強 調するような加工も加えています。革の部位や原皮によってシボの入り方や大きさ、キズ感や汚れ感などが異なります。それぞれの個所で製作した革の表情や使い込み感、エージング感をお楽しみください。
仕切をフリーにする事で自由に
収納スペースの大きさを変えられる、
この仕様が機能性を格段にアップします。
ビンテージオイルレザーの
名刺&カードケース
(標準サイズとワイドサイズ)
標準サイズ
<サイズ>
(約)縦75mm×横110mm×厚さ13mm(収納部)
ワイドサイズ
<サイズ>
(約)縦75mm×横110mm×厚さ23mm(収納部)
フリーの仕切/共通
付属のフリーの仕切を使うことで
限られた収納スペースを容量に合わせて
自由に変えることができます。
<収納例>
画像は、標準サイズに自分の名刺と交換した名刺を仕切って収納した例。
画像は、標準サイズに名刺とクレジットカードを仕切って収納した例。
画像は、ワイドサイズにクレジットカードとポイントカードなどを仕切って収納した例。
サイズ比較
<標準サイズ>
<ワイドサイズ>
<標準サイズ収納例>
<ワイドサイズ収納例>
フラップ/共通
フラップの裏側にも
カードなどを収納できるポケットが付いています
本体素材
<ビンテージオイルシュリンクレザー>
革にオイルを染み込ませ、しわのある所はそのしわの感じを失わず、
シボのある所はそのシボの感じを損わないよう、
丁寧に自然な革の風合いや表情を残す加工を施しています。
長く使う事で刻みこまれるキズやヨゴレを特殊加工により少し再現し、
ビンテージ感を強調するような加工も加えています。
革の部位や原皮によってシボの入り方や大きさ、キズ感や汚れ感などが異なります。
それぞれの箇所で製作した革の表情や使い込み感、
エイジング感をお楽しみください。
サイズ
徳島店/Tokushima
渋谷店/Shibuya