蓋と底にクッション材を使用し
ハウジングやケーブルの保護機能をプラス!
簡単に仕切りの位置が変えられる
イヤフォンケース-Ver.2.0
(12個用/8個用/6個用/4個用/
3個用/2個用/1個用)
本体の基本構造
<メイン収納部保護性能/蓋と底のクッション材>
メイン収納部の蓋と底に使用しているクッション材(Wポリメッシュ)は
ポリエステル100%の素材で、
Wラッセルの組織の特製により、通気性、クッション性、軽量性が良いのが特徴です。
また、強度があり摩耗に強い素材です。
その特性を生かしたWポリメッシュは車椅子のシートカバーやソファー、
医療用に開発された高機能な素材です。
本体の基本構造(8個〜2個用)
<簡単に移動できる仕切り>
本体に付属の縦向や横向きの仕切りは
収納するイヤフォンやケーブルに合わせて簡単に移動させて固定することができます。
※3個用、2個用は縦向きの仕切りのみ、1個用には仕切りは付属していません。
本体に付属の縦向きと横向きの仕切りは、収納するイヤフォンやケーブルに合わせて簡単に移動させて固定することができます。
通常の物は一度セットすると仕切りの移動が面倒ですが、この構造にすることで、簡単に移動ができて位置の微調整をすることも可能です。
縦向きと横向きの仕切りの両サイドはベルクロ(硬い面)になっています。
イヤフォンの大きさやケーブルを巻いたサイズに合わせて仕切りの位置を微調整して固定。
仕切りを少し斜めにして差し込んでも固定しやすいと思います。
仕切りはベルクロで固定する構造ですので、画像のように横方向に斜めにして固定することも可能。
仕切りはベルクロで固定する構造ですので、画像のように縦方向に斜めにして固定することも可能。
本体の基本構造(12個用)
12個用の蓋はセパレートタイプで、前方側を2箇所のスナップボタン、
後方側はベルクロで固定します。
12個用は蓋の両サイドにベルクロのストッパーが付いており、
ケースを持ち運ぶ時に蓋が膨らんで隙間ができないよう固定しておくことができます。
蓋の両サイドと本体両サイドにあるベルクロのストッパー部分。
徳島店/Tokushima
渋谷店/Shibuya