細部が更に進化した形「デジアナ格納庫-II」になりました
ページが出来次第徐々にアップして行きます
今日の常識が明日の常識にはならないのかも知れないと思ってしまうぐらいの早さでデジタルガジェットの世界は日々急激に進化しています。終わりなき進化を続けるデジタルガジェットであろうとも、使いこなすのは人であって、人は誕生以来アナログでありこれからも変わらないはずです。デジタル機器とアナログ製品を道具としてうまく生活の中に取り入れ使いこなす事が出来れば、もっと様々な事が可能に
なり、楽しくて豊かな世界になると思います。その両者を生活の中で機能的に持ち運び、使いこなすためのキャリングツール、それがデジアナ格納庫です。発表以来時代の必要に応じて進化して来たデジアナ格納庫です。その不変のデザインを踏襲しつつ細部が更に進化した形「デジアナ格納庫-II」になりました。ページが出来次第徐々にアップして行きます。
デジアナ格納庫-II/Type-3
デジアナ格納庫II
Type-3-A
デジアナ格納庫II
Type-3-A-Wide
デジアナ格納庫II
Type-3-B
デジアナ格納庫II
Type-3-B-Wide
デジアナ格納庫II/Type-3はフラップが固定タイプでスマートフォン中心の収納に便利なタイプ。
スマートフォンとバッテリーやもう一台のスマートフォンなどの収納を想定し比較的薄型なサイズ設定。
両サイドにペンホルダー、正面は着脱可能なマジカルアタッチメント対応。
Type-3-AとType-3-A-Wideは縦に置いた場合の高さが155mmで襠が45mmと75mm。
(iPhoneXS、iPhoneX、iPhone8、iPhone7の収納が基準サイズです)
Type-3-BとType-3-B-Wideは縦に置いた場合の高さが175mmで襠が45mmと75mm。
(iPhoneXS Max、iPhone8 Plus、iPhone7 Plus、Galaxy Note9、Galaxy Note8、GalaxyS9、GalaxyS8の収納が基準サイズです)
デジアナ格納庫-II/Type-4
デジアナ格納庫II
Type-4-A
デジアナ格納庫II
Type-4-A-Wide
デジアナ格納庫II
Type-4-B
デジアナ格納庫II
Type-4-B-Wide
デジアナ格納庫II/Type-4はカスタムパーツ対応で更に手前からでも開られフラップ着脱可能、
オープンタイプでも使用でき収納量に余裕のあるタイプ。
スマートフォンと財布やメモ、バッテリーなどの収納を想定し襠に余裕のあるサイズ設定。
両サイドにペンホルダー、正面は着脱可能なマジカルアタッチメント対応。
Type-4-AとType-4-A-Wideは縦に置いた場合の高さが155mmで襠が45mmと75mm。
(iPhoneXS、iPhoneX、iPhone8、iPhone7の収納が基準サイズです)
Type-4-BとType-4-B-Wideは縦に置いた場合の高さが175mmで襠が45mmと75mm。
(iPhoneXS Max、iPhone8 Plus、iPhone7 Plus、Galaxy Note9、Galaxy Note8、GalaxyS9、GalaxyS8の収納が基準サイズです)
デジアナ格納庫-II/Type-6
デジアナ格納庫II
Type-6-A
ショルダー
デジアナ格納庫II
Type-6-A-Wide
ウエスト
デジアナ格納庫II
Type-6-B
斜め掛け
デジアナ格納庫II
Type-6-B-Wide
レッグバッグ
デジアナ格納庫II/Type-6はカスタムパーツ対応で更に手前からでも開られフラップ着脱可能。
メイン収納部の仕様は同じですが、背面の仕様の違いによりショルダータイプやウエストタイプ、
斜め掛けタイプやレッグバッグタイプなど、よく使うシーンに合わせたタイプを選択可能。
メイン収納部は容量があり、7インチサイズのタブレットや、長財布、ノートなども収納できる余裕のあるタイプ。
両サイドにペンホルダー、正面は着脱可能なマジカルアタッチメント対応。
メイン収納部のサイズは全て共通で、縦に置いた場合の高さが210mm、横幅170mm、襠75mm。